<< LINEスタンプ発売しました!andコミティア112 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
「2度目の鳥飼さん」全話解説・その1。
マンガアプリ「GANMA!」
1年7ヶ月連載させていただいた作品「2度目の鳥飼さん」
このたび、完結いたしました!

その記念ということで、
「今だから言える全話解説」みたいなことをやろうと思います。

色々と自分の作品について語っちゃってますので、
そういうのが苦手・嫌いな方は、そっと閉じていただけたら幸いです。


また最初から最後までオールネタバレで行きますので、
未読の方はご遠慮ください!

それでは、今回は第1話から第5話までやっちゃいます!



ききききききききききききききききききききききききききききききききききききき

第1話「記憶のないひよこ」
 
 「個性の強いキャラたちの掛け合いが見たい」
 編集長からいただいたオファーはそんな感じでした。

 そこから考えたのは
 「よくある戦隊モノの、その後」のお話。


 ヒーローに破れた怪人たちが改心し、
 その能力を生かして人間社会に溶け込んでいる世界。
 しかし、悪の親玉があと数ヶ月で復活することを
 1人だけ知ってしまった主人公の怪人は
 仲間の怪人たちにどう話していいか困り果てていた。


 そんな物語をやろうとしていたのですが、
 この面倒くさい世界観を読者にどう伝えたらいいか

 初回から長々とナレーションで説明するのは
 どうしてもやりたくなかった
ので、
 主人公の怪人を記憶喪失にして
 徐々に周りから教えてもらうという構造にしました。
  
 たしかこの当時決まっていた設定は
 「主人公は悪の親玉の復活阻止に失敗して、ハカセに記憶を消された」
 これだけでした。


 また当初の予定で管理人は「怪人に夫を殺されたおしとやかな女性」だったのに、
 初登場でいきなり主人公を蹴ったら面白いかなという思いつきで、あんなキャラに

 
他にも警官があんなに非常識になっちゃったのは
そうしないとボケる人が誰もいなかったから

そんな感じで物語序盤は色々細かく決めずに
その場のオチを優先して
色々とキャラ設定を作っていきました


坂下部長ネタは当初から読者さんの反応も良く、
最後までお世話になることに…



ききききききききききききききききききききききききききききききききききききき

第2話「過去の断片」
 
 この回でプロレス雑誌が登場するのですが、
 その理由について語られるのが第61話

 鳥飼さんの部屋を荒らした犯人について
 明かされるのが、第45話


 そして日めくりカレンダーが盗まれた理由
 至っては最終話で判明するという…

 誰か覚えててくれたのか?って感じですよね。
 でもこういう構造、好きなんだよなぁ…
 
ちなみに鳥飼さんの変身後(ウソver.)
当初、左の普通の太ったおっさんでした。

しかし編集長がかなりこだわってくれて
「きもかわいく」「もっと見た目のインパクトを」
「きれいなジャイアンみたいに愛されないと」等
色々アドバイスをくれて、現在の姿になりました。

おかげでウソ変身姿は評判良くて、
最後まで頻繁に登場させる人気キャラになりました。



ききききききききききききききききききききききききききききききききききききき

第3話「土下座の価値は」
 

ここでネコとライオンの怪人が初登場
キャラごとに鳥飼さんの呼び方が違うってのは、
小さい小さいこだわりでした。

ミィちゃんのほうは
キャラが最初から出来上がっていて
ここからブレることはなかったですねぇ。

ライオン社長は金持ちキャラ以外に無くて、
第29話でドMになるまで扱いに困ってました。
そこからはもうずっとドMネタに助けられましたが。

 そもそも最初の設定では、主人公はライオンでした
 「怪人たちの会社を運営する金持ち社長」が鳥飼さんだったんです。
 でも葉巻をくわえたスーツ姿の鳥飼さんが編集会議で評判が良かったらしく
 「こっちを主人公にしてみたら?」と言われ、キャラ設定を入れ替えたのでした。

 
 最後の「ライオンが窓を鉄格子にしちゃう」ってオチ
 これが担当さんに
 「絵的に伝わりにくいかも」と指摘されまして。

 その対応策として描き直したのが
 右の「電流の走った鉄格子」バージョンです。

 ただ他の編集部の方が「鉄格子に見えるよ」と
 言ってくれたので、この電流バージョンはお蔵入りに



ききききききききききききききききききききききききききききききききききききき

第4話「飛べない鳥」
 

今回 登場の管理人ステンドグラス。
これ実はトーン貼りが結構大変でして、
「早く元のガラスに戻して」
作画担当のもよもよに何度か言われました
最後まで戻しませんでしたが

他にも秘書やミィちゃんのマネージャーが
ちょろっと登場しております。
秘書がこの先
あんなに活躍するとは思わなかったなぁ…



きききききききききききききききききききききききききききききききききき

第5話「はじめてのおてつだい」

 
 アパートを舞台にしたのだから、
 ヘンな住人を登場させたいよなぁ…ということで
 生まれたのが「暴走小説家」「扮装親子」でした。

 この親子が何故メイクをして出かけるのか。
 理由が明らかになるのは第25話。また長い…

 この回で鳥飼さんが葉巻を吸おうとして
 管理人に止められるシーンがありますが、
 鳥飼さんの変身方法については
 すでに「葉巻がらみ」って決めてあったと思います。

 

 隔週連載はここまで。
 次の話から、地獄の週間連載へと移っていきます。



ききききききききききききききききききききききききききききききききききききき


とりあえず今回は、ここまで。

次回からはもう少しペースを上げて手軽に読みやすい内容にしたいなぁ。
じゃないと、最終話まで完走できなさそう。

飽きっぽい性格なので、途中で挫折する可能性特大ですが、
ヒマを見つけて行ける所まで続けたいと思います。

この日記を機にマンガを読み返してくれたりすると嬉しいです。
それでは、また!

 
カテゴリ:たくすけ | 06:06 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 06:06 | - | - | -
コメント
コメントする